源泉徴収の仕組みを理解しよう

業務委託で働くフリーランスのための源泉徴収ガイド

NEW TOPICS

  • 源泉徴収額の計算方法とは 源泉徴収額の計算方法とは

    業務委託で仕事をした際に引かれる源泉徴収額の計算方法を理解しておけば、請求額と入金額の差額をきちんと把握できます。

  • 求人サイトの魅力とは 求人サイトの魅力とは

    業務委託や源泉徴収の仕組みを理解することは難しくはありません。しかし事務処理は面倒です。求人サイトを活用しましょう。

  • 源泉徴収票を見てみよう 源泉徴収票を見てみよう

    源泉徴収票、ちゃんと読めますか?フリーランスもサラリーマンも知っておくべき源泉徴収票の見方を解説します。

仕組みを理解しよう

フリーランスになりたての人であれば源泉徴収の仕組みはもちろんのこと、源泉徴収という言葉すら初めて聞いたということも少なくないでしょう。まずは、源泉徴収とはどのようなものなのか概要を理解しておきましょう。サラリーマンを経験したことがある人は、年末調整については知っているかと思います。フリーランスにとっての年末調整ともいえる確定申告時には、源泉徴収されているかどうかが重要になってきます。源泉徴収されていることを知らずに確定申告すると必要以上に納税することになるので注意が必要です。

源泉徴収票を見てみよう

確定申告の頃になるとフリーランス宛てに様々な取引先から送付されてくるのが源泉徴収票です。これは、あらかじめ天引きされた税金額と報酬の支払総額などを証明する大切な書類です。記載内容は、フリーランスの住所・氏名に続いて報酬の支払金額や所得控除の金額などであり、定型の様式があります。所得税は収入総額から一定の控除を差し引いた残りの金額に対して課されるため、その計算の算定根拠となる金額がそれぞれ記載されています。詳細はこちら

年末調整と確定申告について知ろう

会社勤めであれば大抵は毎月の給与から税金が天引きされ、年末調整において正しい税額に修正することになります。一方フリーランスの場合、源泉徴収される取引先も含めて一年間の収入総額から様々な控除を差し引いて税額を計算しなければならないため、原則として確定申告が必要になります。確定申告を自分で行う場合に思わぬ追徴課税や面倒な事務処理が必要になることもあり、普段から税理士に相談しておくと良いでしょう。税理士事務所の紹介もしていますので、ぜひ参考にしてください。詳細はこちら

所得税を天引きする制度

フリーランスが仕事の完成と引き換えに様々な取引先から受け取る報酬額は、手元に振り込まれるときに源泉徴収されている場合があります。この源泉徴収制度とは税金徴収の仕組みであって、報酬の支払いを受けるフリーランスの代わりに、クライアント側で一定の所得税額をあらかじめ計算して天引きしたうえで国に納めるというものです。従って事務処理の簡便化を図るものであり、最終的に支払う税額が変わるわけではないということを知っておきましょう。詳細はこちら

フリーランス1年目からの知識

支払調書を入手しよう
支払調書を入手しよう

フリーランスとクライアントの間で業務委託契約に基づく報酬が支払われても、それが源泉徴収されているのかどうかはクライアント次第ということも往々にしてあります。確定申告時期の前にはクライアントから支払調書が送られてくるものであり、その記載によって源泉徴収の有無やその税額及び支払金額などを確認することができますが、本来フリーランスに対して発行する義務はないことから最近は支払調書を発行しない企業も増えているようです。

MORE
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」

フリーランス向けの案件紹介サービスは数多くありますが、その中でも「レバテックフリーランス」は業界でもトップクラスの保有案件数を誇り、高単価を実現しています。また確定申告書類の作成や空白期間を生まないための継続的な営業活動のサポートにより、本業以外の雑務に手を取られることがありません。例えば税理士の紹介など、案件紹介だけに留まらずその働き方をサポートするサービスを提供しています。

MORE
年末調整と確定申告について知ろう
年末調整と確定申告について知ろう

会社勤めをしていれば、年に一度の年末調整はお馴染みのものでしょう。これは毎月の給与から所得税等をあらかじめ天引きされて会社が代わりに納付するという源泉徴収制度の適用上、実際の税額と予納分との差額を調整するというものです。一方、個々の案件で源泉徴収されていても、フリーランスの場合には一年間の総収入から費用等を差し引いて更に様々な控除を受けて課税所得を算出するため確定申告が必要になるのです。

MORE