源泉徴収や業務委託の手間を省く!求人サイトの魅力

業務委託で働くフリーランスのための源泉徴収ガイド

NEW TOPICS

  • 源泉徴収額の計算方法とは 源泉徴収額の計算方法とは

    業務委託で仕事をした際に引かれる源泉徴収額の計算方法を理解しておけば、請求額と入金額の差額をきちんと把握できます。

  • 求人サイトの魅力とは 求人サイトの魅力とは

    業務委託や源泉徴収の仕組みを理解することは難しくはありません。しかし事務処理は面倒です。求人サイトを活用しましょう。

  • 源泉徴収票を見てみよう 源泉徴収票を見てみよう

    源泉徴収票、ちゃんと読めますか?フリーランスもサラリーマンも知っておくべき源泉徴収票の見方を解説します。

求人サイトの魅力とは

求人サイトの魅力とは

フリーランスになって特に宣伝もしていないのに、開業当初から仕事が次々と舞い込むというのは数少ない一握りの幸運な場合に限られているようです。多くのフリーランスは厳しい現実を前に、まずは仕事を獲得するための営業活動に奔走しなければなりません。しかし最近は、フリーランス向けに案件を紹介するサイトのサービスも充実しており、これを利用しない手はないでしょう。

フリーランスという働き方

フリーランスとして働くという選択をする人が増えていますが、その背景には社会的経済的な変化があります。バブル景気の崩壊後リストラや破産といった事態に陥ったため、これまで日本の強みとされてきた年功序列型賃金や終身雇用制を長引く不況にあえぐ企業が見直さざるを得なくなったことなどにより、雇用の不安定化が加速しました。
しかしその一方で、IT技術の革新によって高度ネットワーク社会の実現に向けた動きが急速に強まっており、また新たに登場したクラウド技術の活用などによって企業が業務のアウトソーシング化を次々と進めるようになっています。その間に働く側の意識も変化しワーク・ライフ・バランスを考えてより柔軟で自由な働き方を望む人も増えていますし、また実際に企業の中にはフレックスタイム制や自宅勤務を導入する例も増えているのです。こうした中でフリーランス向けの案件紹介サイトによるサービス提供も始まり、現在ではフリーランスの仕事の安定的な確保に一役買っているのです。

求人サイト活用のメリット

なんといってもフリーランスは、営業活動を始めクライアントとの契約締結や報酬の受領や税務申告など、本来の仕事の他にも様々な雑務を基本的には自分自身で処理しなければなりません。しかしフリーランス向けの求人サイトの中には、そのような雑務をできるだけ肩代わりすることによってフリーランスに本来の仕事に専念する環境を提供し、フリーランスの仕事を支援している例もあります。これはフリーランスにとって営業その他の様々な雑務から解放されるというだけではなく、将来のキャリア設計を含めた仕事の吟味や選択、実力に見合った正当な評価を得るための契約交渉、生活の安定のために不可欠な継続的な仕事の受注といったようなメリットも大きいのです。
もっとも、そのサービスの対価として一定の手数料が発生することが多いようですが、フリーランスの社会的信用が一般的には低いことを考えても、大手の仕事を受注できたり大規模なプロジェクトに参加することができるなど、活躍の場を広げるチャンスを手にすることができるという点は大きな魅力といえるでしょう。

フリーランス1年目からの知識

支払調書を入手しよう
支払調書を入手しよう

フリーランスとクライアントの間で業務委託契約に基づく報酬が支払われても、それが源泉徴収されているのかどうかはクライアント次第ということも往々にしてあります。確定申告時期の前にはクライアントから支払調書が送られてくるものであり、その記載によって源泉徴収の有無やその税額及び支払金額などを確認することができますが、本来フリーランスに対して発行する義務はないことから最近は支払調書を発行しない企業も増えているようです。

MORE
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」

フリーランス向けの案件紹介サービスは数多くありますが、その中でも「レバテックフリーランス」は業界でもトップクラスの保有案件数を誇り、高単価を実現しています。また確定申告書類の作成や空白期間を生まないための継続的な営業活動のサポートにより、本業以外の雑務に手を取られることがありません。例えば税理士の紹介など、案件紹介だけに留まらずその働き方をサポートするサービスを提供しています。

MORE
年末調整と確定申告について知ろう
年末調整と確定申告について知ろう

会社勤めをしていれば、年に一度の年末調整はお馴染みのものでしょう。これは毎月の給与から所得税等をあらかじめ天引きされて会社が代わりに納付するという源泉徴収制度の適用上、実際の税額と予納分との差額を調整するというものです。一方、個々の案件で源泉徴収されていても、フリーランスの場合には一年間の総収入から費用等を差し引いて更に様々な控除を受けて課税所得を算出するため確定申告が必要になるのです。

MORE