フリーコンサルタント.jpは業務委託と独立をサポート

業務委託で働くフリーランスのための源泉徴収ガイド

NEW TOPICS

  • 源泉徴収額の計算方法とは 源泉徴収額の計算方法とは

    業務委託で仕事をした際に引かれる源泉徴収額の計算方法を理解しておけば、請求額と入金額の差額をきちんと把握できます。

  • 求人サイトの魅力とは 求人サイトの魅力とは

    業務委託や源泉徴収の仕組みを理解することは難しくはありません。しかし事務処理は面倒です。求人サイトを活用しましょう。

  • 源泉徴収票を見てみよう 源泉徴収票を見てみよう

    源泉徴収票、ちゃんと読めますか?フリーランスもサラリーマンも知っておくべき源泉徴収票の見方を解説します。

独立をサポートしてくれる「フリーコンサルタント.jp」

独立をサポートしてくれる「フリーコンサルタント.jp」

フリーランスになると会社勤めとは異なり確かに様々な自由が手に入りますが、その反面孤立してしまいがちであったり、また本業に専念したくても本業以外の雑務が少なくないという悩みもあります。そのためフリーランス向けの案件紹介サービスの中には、単なる案件紹介に留まらずフリーランスというワークスタイルを全体としてサポートする動きもあります。

フリーコンサルタント.jp

さて様々な業種に広がるフリーランスという働き方ですが、何と言っても仕事の獲得を巡る営業活動に関する悩みはいずれも共通しているようです。そこでフリーコンサルタント.jpでは、フリーランスのコンサルタントや小規模のコンサルティング会社を対象に外資系のコンサルティング会社や大手SI会社といったクライアント企業からの案件を紹介しています。
それぞれの案件において求められる業務内容は実に様々であり、例えばコンサルティングの王道であるマーケティング戦略の策定や営業改革の支援、あるいは新規商品・サービス開発のサポート、ITコスト削減などはもちろんのこと、更に踏み込んで大規模システムを構築するプロジェクトのPMO・要件定義やSAPなどのERP導入支援、その他各種調査・リサーチ業務や提案書作成の支援などといったように、それぞれのフリーランスの得意分野やスキルなどに応じて適切な案件を紹介できるようになっています。
このような多彩な案件にもかかわらずクライアントとフリーランスとのマッチング精度が高い理由は、クライアントのニーズを現役の戦略・ITコンサルタントが直接ヒアリングをしフリーランスに紹介する案件も中長期的な信頼関係の構築を重視して敢えて的を絞っているためです。

フリーランスを全面的にサポート

これらの案件の紹介に加えて、フリーランスが安心して本業に専念できる環境の大切さを認識し継続的に案件を紹介することによって、不安な空白期間を作らないよう配慮しています。実際の現場は主にフルタイムで3ヶ月から6ヶ月ぐらいで終了する案件というのが中心ですが、更に短期の案件やあるいはパートタイムなど、それぞれの希望に応じた案件の紹介も可能です。また本業以外の場面においても、例えば煩わしい確定申告や決算業務を支援するための会計士や税理士の紹介や、あるいは法人成りのための法人設立に係る諸手続きを行うための司法書士の紹介など、各方面のプロの専門家による支援を活用することができます。

>>参考サイト

>>参考サイト

フリーコンサルタント.jpは、それぞれのフリーランスがより活躍の場を広げるための支援を積極的に行っています。

フリーランス1年目からの知識

支払調書を入手しよう
支払調書を入手しよう

フリーランスとクライアントの間で業務委託契約に基づく報酬が支払われても、それが源泉徴収されているのかどうかはクライアント次第ということも往々にしてあります。確定申告時期の前にはクライアントから支払調書が送られてくるものであり、その記載によって源泉徴収の有無やその税額及び支払金額などを確認することができますが、本来フリーランスに対して発行する義務はないことから最近は支払調書を発行しない企業も増えているようです。

MORE
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」

フリーランス向けの案件紹介サービスは数多くありますが、その中でも「レバテックフリーランス」は業界でもトップクラスの保有案件数を誇り、高単価を実現しています。また確定申告書類の作成や空白期間を生まないための継続的な営業活動のサポートにより、本業以外の雑務に手を取られることがありません。例えば税理士の紹介など、案件紹介だけに留まらずその働き方をサポートするサービスを提供しています。

MORE
年末調整と確定申告について知ろう
年末調整と確定申告について知ろう

会社勤めをしていれば、年に一度の年末調整はお馴染みのものでしょう。これは毎月の給与から所得税等をあらかじめ天引きされて会社が代わりに納付するという源泉徴収制度の適用上、実際の税額と予納分との差額を調整するというものです。一方、個々の案件で源泉徴収されていても、フリーランスの場合には一年間の総収入から費用等を差し引いて更に様々な控除を受けて課税所得を算出するため確定申告が必要になるのです。

MORE