業務委託で働くフリーランスのための源泉徴収ガイド

NEW TOPICS

  • 源泉徴収額の計算方法とは 源泉徴収額の計算方法とは

    業務委託で仕事をした際に引かれる源泉徴収額の計算方法を理解しておけば、請求額と入金額の差額をきちんと把握できます。

  • 求人サイトの魅力とは 求人サイトの魅力とは

    業務委託や源泉徴収の仕組みを理解することは難しくはありません。しかし事務処理は面倒です。求人サイトを活用しましょう。

  • 源泉徴収票を見てみよう 源泉徴収票を見てみよう

    源泉徴収票、ちゃんと読めますか?フリーランスもサラリーマンも知っておくべき源泉徴収票の見方を解説します。

納期の特例を知っておこう

納期の特例を知っておこう

フリーランスといえど、自分が業務委託契約を結んでいるクライアントとの取引関係において支払われる報酬額から源泉徴収されるという場合だけに限られるわけではありません。フリーランスが事業の経営者として従業員を雇っている場合には、その給与から所得税等を源泉徴収して国に納付する義務が生じることになるのです。しかしその税額が大きい場合には毎月期限までに納付するのが難しいということもあるでしょう。場合によっては特例の適用を受けて年2回の納付で済むかもしれません。

源泉徴収税納期の特例

そもそも源泉徴収制度の適用を受ける場合、従業員の給与等に対する源泉徴収した所得税や復興特別所得税は原則として実際に給与等を支払った月の翌月10日までに国に納める必要があります。しかし一定の場合には、この納付の期限について特例の適用を受けられる場合があります。
国税庁のHPによれば、この特例とはすなわち「給与の支給人員が常時9人以下の源泉徴収義務者は、源泉徴収した所得税及び復興特別所得税を、半年分まとめて納めることができる」というものですが、その対象は「給与や退職金から源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税と、税理士、弁護士、司法書士などの一定の報酬から源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税」のみに限られます。この特例の適用があると、納付期限は「その年の1月から6月までに源泉徴収した所得税及び復興特別所得税は7月10日、7月から12月までに源泉徴収した所得税及び復興特別所得税は翌年1月20日」という年2回になります。ただし、実際にこの特例の適用を受けるためには、「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を、給与等の支払を行う事務所などの所在地を所轄する税務署長宛てにあらかじめ提出する必要があります。
その提出後、税務署長から却下の通知が無ければ申請書の提出をした月の翌月末日付で承認があったものとみなされるのであり、従って承認を受けた月に源泉徴収する所得税及び復興特別所得税から納期の特例の対象になるというわけです。なお、この納付期限が日曜日、祝日などの休日や土曜日に当たる場合については、その休日明けの日が納付期限になります。

特例適用によるメリット

「給与の支給人員が常時9人以下」に限られているとはいえ、毎月の従業員の給与の支払いなど資金繰りに常に頭を悩ませている経営者や個人事業主にとって、月々の事務処理が年2回に軽減される点や実質的に最長半年の猶予期間を与えられることになるという点は、少なからずメリットになるでしょう。

フリーランス1年目からの知識

支払調書を入手しよう
支払調書を入手しよう

フリーランスとクライアントの間で業務委託契約に基づく報酬が支払われても、それが源泉徴収されているのかどうかはクライアント次第ということも往々にしてあります。確定申告時期の前にはクライアントから支払調書が送られてくるものであり、その記載によって源泉徴収の有無やその税額及び支払金額などを確認することができますが、本来フリーランスに対して発行する義務はないことから最近は支払調書を発行しない企業も増えているようです。

MORE
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」

フリーランス向けの案件紹介サービスは数多くありますが、その中でも「レバテックフリーランス」は業界でもトップクラスの保有案件数を誇り、高単価を実現しています。また確定申告書類の作成や空白期間を生まないための継続的な営業活動のサポートにより、本業以外の雑務に手を取られることがありません。例えば税理士の紹介など、案件紹介だけに留まらずその働き方をサポートするサービスを提供しています。

MORE
年末調整と確定申告について知ろう
年末調整と確定申告について知ろう

会社勤めをしていれば、年に一度の年末調整はお馴染みのものでしょう。これは毎月の給与から所得税等をあらかじめ天引きされて会社が代わりに納付するという源泉徴収制度の適用上、実際の税額と予納分との差額を調整するというものです。一方、個々の案件で源泉徴収されていても、フリーランスの場合には一年間の総収入から費用等を差し引いて更に様々な控除を受けて課税所得を算出するため確定申告が必要になるのです。

MORE