源泉徴収実務テクニック!支払調書を入手しよう

業務委託で働くフリーランスのための源泉徴収ガイド

NEW TOPICS

  • 源泉徴収額の計算方法とは 源泉徴収額の計算方法とは

    業務委託で仕事をした際に引かれる源泉徴収額の計算方法を理解しておけば、請求額と入金額の差額をきちんと把握できます。

  • 求人サイトの魅力とは 求人サイトの魅力とは

    業務委託や源泉徴収の仕組みを理解することは難しくはありません。しかし事務処理は面倒です。求人サイトを活用しましょう。

  • 源泉徴収票を見てみよう 源泉徴収票を見てみよう

    源泉徴収票、ちゃんと読めますか?フリーランスもサラリーマンも知っておくべき源泉徴収票の見方を解説します。

支払調書を入手しよう

支払調書を入手しよう

フリーランスになると確定申告を自分でしなければならないとは理解していても、例えば実際にクライアントから受け取る報酬が源泉徴収されているのかどうかなど、あまり知らない部分もあるものです。しかし確定申告をする際には定められた添付書類によって収入や費用を証明し正しく税額を計算して納付しなければならないため、ある程度の基礎知識が必要です。

業務委託契約の報酬

国税庁のHPによればそもそも源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲というものは、その報酬・料金等の支払を受ける者が個人であるか法人であるかによって異なっているのであり、個人の場合には例えば原稿料や講演料など、あるいは弁護士、公認会計士、司法書士等の特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金など、といった具合に定められています。そしてこれらに当てはまらない場合や、仮に当てはまっても実際のところクライアントが源泉徴収を行うことなく報酬額を支払っているという場合には、フリーランス側で確定申告時に収入を計上して税金を納付しなければなりませんが、その算定のためには受け取った報酬額を証明するものが必要でありそれがその報酬を支払ったクライアントの発行する「支払調書」になります。

支払調書の発行

もっとも法定調書である本来の支払調書とは、報酬を支払ったクライアント側が税務署に対して提出するものであり、これをフリーランスに渡すというのは便宜上あるいは慣習上続いているものという程度でしかありません。そのため最近では、支払調書をフリーランスに発行しない企業も増えているようです。支払調書が発行されない場合のフリーランスの自衛策としては、銀行口座に振り込まれた報酬金額から逆算をして源泉徴収されているのかどうかを確認する他ありません。つまり日々の帳簿処理を確実にすることが重要になるのです。

契約時に確認

もっともフリーランスがクライアントから業務委託を受ける際に、日本の商慣習上契約書を書面で取り交わすことはあまりないのが実情かもしれませんが、少なくとも請求書の発行を自らに習慣付けておく方が良いでしょう。これは後々のトラブル防止のためにも役立ちます。そして特に新規顧客から仕事を受注する場合には、契約内容と併せて源泉徴収の有無を確認するようにしましょう。個人事業主の多くは、確定申告の時期になると慌てて支払調書や領収書の束を処理するというのが恒例行事となっている場合もありますが、最近は会計ソフトを使って簡単に帳簿などを作成できるようになっていますので日々の業務の合間にコツコツと処理する習慣を身に付けましょう。

フリーランス1年目からの知識

支払調書を入手しよう
支払調書を入手しよう

フリーランスとクライアントの間で業務委託契約に基づく報酬が支払われても、それが源泉徴収されているのかどうかはクライアント次第ということも往々にしてあります。確定申告時期の前にはクライアントから支払調書が送られてくるものであり、その記載によって源泉徴収の有無やその税額及び支払金額などを確認することができますが、本来フリーランスに対して発行する義務はないことから最近は支払調書を発行しない企業も増えているようです。

MORE
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」

フリーランス向けの案件紹介サービスは数多くありますが、その中でも「レバテックフリーランス」は業界でもトップクラスの保有案件数を誇り、高単価を実現しています。また確定申告書類の作成や空白期間を生まないための継続的な営業活動のサポートにより、本業以外の雑務に手を取られることがありません。例えば税理士の紹介など、案件紹介だけに留まらずその働き方をサポートするサービスを提供しています。

MORE
年末調整と確定申告について知ろう
年末調整と確定申告について知ろう

会社勤めをしていれば、年に一度の年末調整はお馴染みのものでしょう。これは毎月の給与から所得税等をあらかじめ天引きされて会社が代わりに納付するという源泉徴収制度の適用上、実際の税額と予納分との差額を調整するというものです。一方、個々の案件で源泉徴収されていても、フリーランスの場合には一年間の総収入から費用等を差し引いて更に様々な控除を受けて課税所得を算出するため確定申告が必要になるのです。

MORE