フリーランス必須!源泉徴収実務テクニック

業務委託で働くフリーランスのための源泉徴収ガイド

NEW TOPICS

  • 源泉徴収額の計算方法とは 源泉徴収額の計算方法とは

    業務委託で仕事をした際に引かれる源泉徴収額の計算方法を理解しておけば、請求額と入金額の差額をきちんと把握できます。

  • 求人サイトの魅力とは 求人サイトの魅力とは

    業務委託や源泉徴収の仕組みを理解することは難しくはありません。しかし事務処理は面倒です。求人サイトを活用しましょう。

  • 源泉徴収票を見てみよう 源泉徴収票を見てみよう

    源泉徴収票、ちゃんと読めますか?フリーランスもサラリーマンも知っておくべき源泉徴収票の見方を解説します。

源泉徴収の実務テクニック

フリーランスとなって年始を迎えると確定申告に追われることになります。その際に源泉徴収に関する知識と実務に関するテクニックが必要です。最近では支払調書を発行してくれるクライアントが減っています。そのため請求と入金に関する管理を怠ってはいけません。また、源泉徴収される場合は請求額と入金額に差があります。資金繰りに悩むフリーランスであればその差額が生活を脅かすことにもなりかねません。いくら源泉徴収されるのか、その計算方法もしっかり理解しておきましょう。

支払調書を入手しよう

フリーランスが業務委託契約を結んで報酬を受け取っている場合でも、源泉徴収をされているかどうかはそのクライアントによって異なるというのが実情です。通常はクライアントが「支払調書」を発行するので確認できますが、最近はこれを発行しない企業も増えています。発行されなければ、実際に振り込まれた報酬額から逆算しなければならなくなるのであり、従って契約の際に源泉徴収の有無を確認したり日々の帳簿付けを確実にすることが大切です。詳細はこちら

源泉徴収額の計算方法とは

フリーランスが働いて報酬を得る際には、実際のところそれが源泉徴収しなければならない所得なのかどうかを案件ごとや契約内容ごとに確認しなければなりません。源泉徴収される場合には、その計算はその対象となる所得の種類や金額に応じて税率や計算方法が定められています。なお消費税の取り扱いや源泉徴収した税金の納付に関する特例の適用の有無、源泉徴収されている場合の確定申告による還付の有無などは注意が必要です。詳細はこちら

納期の特例を知っておこう

フリーランスの場合であっても、従業員を雇っている場合であれば源泉徴収をしてその税額分を毎月定められた期限までに納付する義務が生じます。ただしこれには特例があり、その適用を受けられる場合には源泉徴収した半年分ずつを合計年2回まとめて支払えばよいことになります。経営者であるフリーランスにとって資金繰りは頭の痛い問題であり、また事務処理の負担が軽減されることもあって特例の適用を受ける事には大きなメリットがあります。詳細はこちら

フリーランス1年目からの知識

支払調書を入手しよう
支払調書を入手しよう

フリーランスとクライアントの間で業務委託契約に基づく報酬が支払われても、それが源泉徴収されているのかどうかはクライアント次第ということも往々にしてあります。確定申告時期の前にはクライアントから支払調書が送られてくるものであり、その記載によって源泉徴収の有無やその税額及び支払金額などを確認することができますが、本来フリーランスに対して発行する義務はないことから最近は支払調書を発行しない企業も増えているようです。

MORE
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」
税理士紹介サービスがある「レバテックフリーランス」

フリーランス向けの案件紹介サービスは数多くありますが、その中でも「レバテックフリーランス」は業界でもトップクラスの保有案件数を誇り、高単価を実現しています。また確定申告書類の作成や空白期間を生まないための継続的な営業活動のサポートにより、本業以外の雑務に手を取られることがありません。例えば税理士の紹介など、案件紹介だけに留まらずその働き方をサポートするサービスを提供しています。

MORE
年末調整と確定申告について知ろう
年末調整と確定申告について知ろう

会社勤めをしていれば、年に一度の年末調整はお馴染みのものでしょう。これは毎月の給与から所得税等をあらかじめ天引きされて会社が代わりに納付するという源泉徴収制度の適用上、実際の税額と予納分との差額を調整するというものです。一方、個々の案件で源泉徴収されていても、フリーランスの場合には一年間の総収入から費用等を差し引いて更に様々な控除を受けて課税所得を算出するため確定申告が必要になるのです。

MORE